• Cryptcurrency

    Cryptcurrency

仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨とは、取引記録などが電子データのみでやりとりされる通貨であり、主にインターネット上で決済できるデジタル通貨digital currencyとも言う)です。仮想通貨の呼び名では、法定通貨と誤認されてしまう可能性を考えて暗号資産と呼称が変更されました。現在では暗号資産と呼ばれています。2009年にビットコインの登場が登場し、市場に流通されて運用が開始された以降、様々な暗号資産であるアルトコインが次々と生まれ、法定通貨仮想通貨を交換する仮想通貨取引所が登場しました。

暗号資産の特徴の一つはブロックチェーン技術によって改竄が非常に困難で停止しない、多数の参加者同一のデータ分散保持させる仕組みが通貨としての信頼性を保っていることにあります。また、法定通貨のように国家による強制通用力(金銭債務の弁済手段として用いられる法的効力)を持たず、市場価格にて価値が定まるところがあります。これにより発展途上国などでは自国通貨よりも信頼性が高まりエルサルバトルでは国の法定通貨として採用されるなど、新しい経済変革が起きています。

ブロックチェーンとは

※こちらに関してはNTTDATAのサイトにより詳しい説明がなされています。以下はその抜粋となります。
ネットワーク内で発生した取引の記録を「ブロック」に格納します。個々のブロックには取引の記録に加えて、1つ前に生成されたブロックの内容を示すハッシュ値と呼ばれる情報などを格納します。生成されたブロックが、時系列に沿ってつながっていくデータ構造が、まさにブロックチェーンと呼ばれる理由です。

もし仮に、過去に生成したブロック内の情報を改ざんしようと試みた場合、変更したブロックから算出されるハッシュ値は以前と異なることから、後続するすべてのブロックのハッシュ値も変更しなければならず、そうした変更は事実上困難です。このように、ブロックチェーンは改ざん耐性に優れたデータ構造を有しているのが大きな特徴です。

※ハッシュ値とは:
ハッシュ値とはアルゴリズム(ハッシュ計算)により算出された一定量の情報をコンパクトにまとめるデータのこと。情報が少しでも変更されると、計算されるハッシュ値は全く異なるものになります。

出典NTTデータ:https://www.nttdata.com/jp/ja/services/blockchain/002/

ブロックチェーンのデータ構造

ブロックチェーンを支えるさまざまな技術

ブロックチェーンはデータ構造に加えて、データの管理方法にも改ざんを防ぐ仕組みを備えています。「分散型の台帳」と言われますが、ブロックチェーンはネットワーク内で発生した全ての取引を記録する「台帳」としての役割を持ち、ネットワークに参加している全てのユーザーが同一の「台帳」を共有することで、情報の信ぴょう性を確保しています。

そのほか、ブロックチェーンは「P2Pネットワーク」や「コンセンサスアルゴリズム」「スマートコントラクト」「偽造防止・暗号化技術」といった複数の技術の組み合わせで実現されます。

ブロックチェーンを構成する技術

VISION

仮想資産将来性は非常に高い可能性を持っています。例えば仮想通貨の中にはステーブルコインと呼ばれるものがあり、取引価格が安定するように、実際の法定通貨と同じレートになるように調整されたコインがあります。これにより売買差益を確定したりできます。
また、ゲーム上で使用されているコインなどが、仮想通貨を利用する事で異なるゲーム間で利用できたり、NFTなどの作品を購入を出来たり、仮想通貨同士の取引を行うと、eコマースなどで実際の買い物が出来たりします。更に各社で発行しているポイントなどが仮想資産化することで、あらゆるものの購買ができるようになります。
このように将来的には当たり前のよう仮想資産を利用する未来が必ず来ると考えています。


仮想資産ニュース

Crypt News
2022/05/28
ビットコインとほとんどの主要アルトコインは、株式の回復に追随していない。さらなる下落の可能性となる厳しい展開もあり得る。
2022/05/28
米証券取引委員会(SEC)は27日、仮想通貨に特化したヘッジファンドであるワンリバー・デジタルによるビットコイン上場投資信託(ETF)の申請を拒否した。
2022/05/27
今週の懸念材料だった主要な米小売企業の決算を意外にも無事に通過することができた。今夜は4月米個人消費支出(PCE)の発表があり、消費者物価指数(CPI)と卸売物価指数(PPI)同様に頭打ちの兆しが確認されれば、夏以降に米連邦準備制度理事会(FRB)が政策引き締めペースを緩める公算が高くなり、リスクオフムード巻き戻しに拍車を掛けるか。
2022/05/27
投資会社ミラー・バリュー・パートナーズの創業者で億万長者のビル・ミラー氏は、ビットコイン(BTC)を「金融破局に対する保険」になると主張している。
2022/05/27
昨日のBTCは5月12日以降のレンジの下限だった28,000ドル半ばを下抜け、28,000ドル近辺まで下値を切り下げたが、その後、反発してレンジ内に戻ってきた。
イーサリアム
2022/05/28
ビットコインとほとんどの主要アルトコインは、株式の回復に追随していない。さらなる下落の可能性となる厳しい展開もあり得る。
2022/05/28
テラ(LUNA)の復活を支援するために、コミュニティプールのUSTを大量にバーンすることを決議した。
2022/05/26
ここ数週間の市場混乱から、仮想通貨は前途多難な長い道のりに見えるが、Web3の未来を手に入れようとするベンチャー投資家は速度を落とさないようだ。
2022/05/26
ビットコインと主要アルトコインは、トレーダーが方向感を探すため、レンジ内にとどまっている。
2022/05/24
ビットコインと主要アルトコインは当面のサポートレベルを跳ね返し、短期的にはリリーフラリーの可能性に道を開いている。
アルトコイン
2022/02/03
LTC/JPYの値動きを振り返ってみると、昨年5月に44,000円の高値を形成したのち、暗号資産市場全体の暴落に引っ張られる形で74%調整された11,500円の安値を付けた。
2022/02/01
2年間の開発期間を経て、ライトコイン(LTC)はついに待望のミンブルウィンブルのアップグレードを開始した。ライトコインコア0.21.2アップグレードの一部として含まれると、ライドコイン財団が1日に発表した。このアップグレードにはタップルートも含まれる。
2022/01/05
長期的にはダブルトップを形成したLTC/JPYにとって、2022年は下落のリスクを意識せざるを得ない展開を、メインシナリオとして持っておくことが必要なのかもしれない。
2021/12/20
SBIグループは、「暗号資産ファンド」を立ち上げ、日本の個人投資家が仮想通貨を購入できるようにする。
2021/12/03
オミクロン株に対する不透明感、米国のテーパリングや利上げ観測などを背景とした米国株の急落などが足元で燻っており、しばらくはリスクオフムードに傾きやすい地合いが続く可能性が考えられる。